オーリスタットは30%の脂肪をカットできる

オーリスタットは、脂肪の吸収に関わるリパーゼという酵素の働きを阻害する薬です。
脂質は分子量が大きいので、腸管からそのまま吸収することが出来ません。つまりエネルギーとして使える形に出来ないわけです。このリパーゼが腸管に分泌されると、脂肪が細かく分解されて吸収できるサイズになります。
オーリスタットはリパーゼ酵素の働きを邪魔することで脂肪を分解させずに便と一緒にそのまま体外に排出します。個人差はありますが、およそ30%の脂肪吸収抑制が期待できるとされています。
また、有効成分オーリスタットは身体に吸収されずに便と一緒に排出されてしまうので、身体へのリスクもほとんどない安全に使える薬と言われています。
頻繁に便意をもよおす、ガスによって胃腸の膨満感を感じる、放屁、油を含むゆるい便が出る、などの副作用がありますが、これは効果のひとつでもあります。
脂肪の吸収を抑制できるわけですが、脂肪の吸収を抑制する際に、体内で合成できない必須脂肪酸という脂肪酸の吸収まで抑制してしまうため、基礎代謝が低下する可能性があります。オーリスタットはもともと体重のコントロールが難しい高度肥満患者の治療に用いられていた薬なので、適正の栄養管理下のもと使うのが正しい使い方です。
日本ではダイエット外来や美容整形外科などで自由診療の価格で処方しているところもありますが、これも使用しないとダイエットが難しい場合、肥満による健康リスクが高いに限られます。
個人輸入という方法では、自己責任で海外から購入するという方法もあります。自由診療の処方よりも安く買えるのが魅力ですが、日本で未認可なので副作用救済制度を受けることが出来ません。個人輸入する場合には責任を持って使うようにしましょう。